社員に好評な社員研修がしたい!

そもそも社員教育の目的とは?

社員研修の必要性が叫ばれ、多くの企業が社員研修を実施していますが、そもそも社員研修は何を目的にしているのでしょうか。一般的に認識されている社員研修の意義は社員個々の能力向上、企業の理念の浸透や業績向上に対する動機付け、法令順守による対外的な信頼の獲得の3つです。社員研修は、うまく行けばこれらの意義に沿った成果が得られるものの、研修事体に魅力がなければまったく効果が上がらないばかりか、かえって逆効果になってしまう場合もあり、各企業は参加する従業員の興味・関心を引き、効果の上がる研修方法を模索しています。失敗例なども参考にしながら、社員に好評が得られ、研修後の効果が見込める研修方法を見ていきましょう。

目的を明示して「やらされ感」を排除

失敗する社員教に見られる共通点として、目的がはっきりしないことが挙げられます。参加者は具体的なゴールが見えることで自分なりにモチベーションを高めます。目的がはっきりしない研修は「やらされ感」を強め、研修の時間をただやり過ごすだけの参加者を増やしてしまいます。まずは研修の目的や必要性、メリットなどを伝え、参加者の気持ちを前向きにすることが大切です。

また、参加する社員の経験や知識に開きがある場合、講師がどのレベルに話を合わせていいか判断に迷い、参加者側も自分に必要な情報以外は集中力を欠いてしまう事態を招きます。研修を行う前に参加者のレベルが同等になるように人選を行い、参加者が常に当事者意識を持ち続けられるように配慮することが大切です。

© Copyright Best Training For Staff. All Rights Reserved.