新人を引き締める社員研修とは?

新人は学生気分が抜けていない

新卒で入社した新社会人はまだまだ学生気分が抜けておらず、社会人として頑張っていくのだという意識がついていません。それはあたりまえのことです。なにしろ彼らは少し前まで大学生だったのですから、なかなか社会人モードに切り替えられないのです。問題は現場に出るまでの社員研修の段階でいかにこの学生気分を消してもらい、社会人モードに気持ちを切り替えてもらうことができるかが重要といえます。まず、新人の彼らが入社したばかりの状態というのは、当然挨拶がなかなかできなかったり、敬語の使い方など、言葉遣いが稚拙だったりします。それだけならまだしも、プレゼンやグループワークの発表など、人前で話すことをさせても積極性がないケースが多いです。

気分引き締めのために意識すべきこと

まずは何と言っても最初にやることはマナー研修です。まず研修の最初と最後には必ず挨拶。社員とすれ違った時も必ず挨拶させるように指導します。また、敬語についても最初に矯正しておく必要があります。彼らは下手をすれば尊敬語、謙譲語の違いすらわかっていないかもしれませんから正しい言葉づかいを学習させ、名刺交換、ロールプレイング、電話応対などをしてもらって社会人らしいマナーを身に着けてもらうのがいいでしょう。次に積極性についてですが、これはプレゼン、グループワークの発表などを必ず社員全員に数回経験させることです。積極性がない社員にはこちらから指名して発表してもらうのも効果的です。場数を踏んでもらえれば尻込み姿勢も緩和されますからある程度こちらから指名して経験させることです。これらのことを意識して研修を行うとよいでしょう。

© Copyright Best Training For Staff. All Rights Reserved.