社員研修が必要なときとは!?

自社で出来るなら自社で行う

企業の中で社員研修が必要になった時は、自社に研修が出来る人材がいるのならば、それを活用するようにしましょう。社員研修というのは主に新人研修や幹部研修にフォローアップ研修などがありますが、どれも研修内容は大幅に異なり、ある程度の研修実績がある社員に任せることが一番です。研修の成果を出すためには、とにかく時間をかけてじっくりと研修をしていく必要があります。社内に社員研修を担当した事がある人材がいない場合には外注で研修をするのが最良な方法ですので、まだ創業して間もない企業の場合には外注するのも良いでしょう。研修は専門の講師を呼ぶことで素人が行うよりも高い効果を発揮できます。研修場所は必ずしも社内である必要はありません。

目標を定めて研修を行う

新人研修でも幹部研修でも、目標がない状態でダラダラとやってしまうのでは、研修の意義そのものが無くなってしまいます。研修が必要ということは必ず社員に教えなければいけないことや、意識してもらいたいことがあるということですから、意識改革の場合にはどのような目標を立てて意識改革をしていくのかをまず考えると良いでしょう。また新人研修の場合には、日毎に目標設定をしていくことで、社員のやる気を最大限に引き出すことができます。社員研修をやるタイミングは新入社員の場合には入社直後に、フォローアップ研修や幹部研修の場合日程が決まり次第すぐに行うようにしましょう。効果的な研修を適切なタイミングで行うことで社員の能力を格段と向上させられます。

© Copyright Best Training For Staff. All Rights Reserved.